エフペシアの適量とは

薬は病気を治療する目的で投与されるのが普通です。
人間の体には薬を受け入れる許容量が決まっており、それ以上はいくら同じ薬を投与しても効き目が強くなるどころか、気分が悪くなったり、他の部分に影響が出てしまうでしょう。
AGA治療薬は男性型脱毛症に対して効果があり、ホルモンに直接働きかけるので、今まで塗り薬で治らなかった薄毛が克服できます。
きちんとクリニックで診断を受け、AGAだとわかったら、速やかにこの薬を飲んで、治療を続けましょう。
代表的なものにプロペシアがあり、これは日本でも認可されているので、クリニックで処方してもらうことができます。
ただ、この薬はかなり値段も高く、半年程度は治療を続けなくてはいけないAGAの場合、かなり負担になるのです。
それを克服できるのがジェネリック薬エフペシアで、この薬はインドのシプラ社が作りました。
一日一回適量を飲むのがAGA治療薬の基本です。
この適量は説明書に書いてあるので、よく読んで、飲みすぎ、飲まなさすぎに気をつけましょう。
エフペシアは発毛を阻害するホルモンの働きを抑制するフィナステリドが主成分です。
副作用としては、性欲減退、インポテンツなどホルモンバランスに関係するものが多く出ます。
また、肝機能障害なども出るので、肝臓を患っている人は特に注意が必要です。
プロペシアとの最大の違いは値段で、一錠30円程度から販売しているケースも見られます。
これは決して大バーゲンとか質が悪いからではなく、もともとの値段が安いのです。
インドのジェネリック薬は、特許関連の法律が特殊な環境下で作られているので、値段はオリジナルの20分の1以下になります。
これは、ユーザー側からすると大変うれしいことです。
父の友人が若くして薄毛に悩み、いろいろな育毛剤やマッサージなどを試しました。
しかし、どれもかんばしくなく、ますます薄毛は進行するばかりだったので、ネットでいろいろと調べ、エフペシアに行き着いたのです。
最初は価格の安さもあって信用できなかったらしいですが、3ヶ月も飲み続けていたら、目に見えて髪の毛がくろぐろとしてきました。
彼はそこからさらに3ヶ月がんばり、今ではふさふさとした黒髪を周囲に誇っています。
頭髪が充実したことで、彼の人生は180度変わりました。
すっかり職場でも人気者になり、若い女の子にももてているようです。
彼は性格的にはそんなに暗い人ではなかったですが、やはり薄毛の時は沈んでいました。
それが改善されたので、水を得た魚のようになったわけです。
劇的に人生を改変させるAGA治療薬は、それまで治らないと思われていた男性型脱毛症を確実に治療してくれます。
エフペシアはインド発のジェネリック薬ですので、日本では認可されていません。
このため、海外医薬品の販売サイトで個人輸入する必要がありますが、いい業者を見つければ確実に正規品が手に入るので、恐れる必要はまったくないでしょう。

Comments are closed.