エフペシア はキノリンイエローフリーの育毛薬

男性は女性よりも、髪の毛が薄くなりやすい傾向にあります。
特に、日本人男性は海外の男性と比較すると、薄毛になりやすいとも言われています。
薄毛になってしまうのは、遺伝的な要素も強いのです。
また、年齢を重ねて身体が老化すると、髪の毛や頭皮も衰えていきますから、抜け毛も増えやすい状態になっていきます。

遺伝や老化による薄毛は、自分ではどうにもならないこともありますよね。
だから、禿げてしまうのは仕方がないとあきらめてしまうからも多いようです。
現代では、適切な治療することによって、薄毛を改善できるようになっているのです。
効果の高い育毛剤や育毛薬がいろいろと販売されており、それらを使って対策をすることによって髪の毛を増やすことも可能なのです。
ですから、遺伝や老化のせいにして、あきらめてしまうことはありませんよ。
効果の高いお薬として、注目されているのがプロペシアという育毛薬です。

この育毛薬は、アメリカのメルク社という製薬会社が製造しています。
プロペシアには、男性型脱毛症に良い効果を発揮してくれる有効成分のフィナステリドが配合されています。
フィナステリドは、男性型脱毛症の原因となってしまうジヒドロテストステロンの働きを抑制してくれて、コシのある髪の毛が生えやすい状態にしてくれる効果があります。
その育毛効果はとても高いことから、世界60カ国以上で使用されているお薬となっています。
ただし、このプロペシアは値段が高いのが難点なのです。

一箱あたりに換算すると、8,000円から10,000円近いお値段となってしまうので、気軽に買える値段とは言えないでしょう。
そこで、近年に人気となってきているのがエフペシアです。
エフペシアは、インドの製薬会社であるCipla社が製造して販売を行っている育毛薬です。
このお薬は、プロペシアと同じ有効成分を使って作られているジェネリック医薬品です。

人件費や開発費などのコストが安いインドで製造されているお薬であるため、価格もプロペシアと比較すると大幅に安くなっています。
日本から個人輸入で取り寄せる場合でも、一箱あたりわずか2,000円ほどなのです。
プロペシアと比べると、購入しやすいお値段となっているのが魅力です。

実際に、値段の安さに惹かれてこのエフペシアを利用される方が増えてきているようです。
ジェネリック医薬品であっても、配合されている成分や製造方法ほとんど同じなので、プロペシアと同等の育毛効果を期待することができます。
それに、エフペシアにはキノリンイエローフリーとなっているので、プロペシアよりも安全性が高いと考えて、購入される方もいるようです。
このキノリンイエローはがんなどの原因となることもある成分です。
プロペシアに含まれているのは微量なので心配しなくても大丈夫だと思います。

どうしても成分のことが気になるという方は、エフペシアを選んだ方が安心して使えるかもしれませんね。

Comments are closed.