エフペシアで望みあるふさふさ生活を

恋愛も勉強も仕事も、生き甲斐あっての話です。
私の友人はロマンチストで、女性にも人気がある好男子で、高校生くらいまではかなりもてました。
しかし、大学生になったあたりからかなり頭髪がさびしくなってきて、本人もそれを気にするあまり面白いキャラクター性がどんどんなくなって、性格まで暗くなったのです。
頭髪が薄いだけでこれほど人格が変わってしまうのはなぜでしょう。
それは、男性の場合頭髪が薄いイコールオヤジという図式ができあがっており、年齢を重ねていなくとも老けて見えてしまうからです。
それがストレス性の脱毛症なら、まだ救いがありますが、ホルモンが原因の男性型脱毛症の場合は、塗り薬だけでは改善しません。
そこでエフペシアをはじめとする飲むタイプのAGA治療薬が登場します。
この薬は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたプロペシアのジェネリック薬です。
製造したのはインドのシプラ社であり、エフペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリドなので、効果も副作用もまったく同じになります。
ただ、インドの医薬品特許事情は特殊なので、この薬の価格はプロペシアに比べるとかなり安いです。
海外医薬品の販売サイトでこの薬を個人輸入したら、日本で売られているプロペシアの価格がすごく高く感じるでしょう。
もちろん、安ければ安いだけのリスクはあります。
販売する個人輸入代行業者によって、正規品を扱う確率は大きく違うのです。
ネットで宣伝し、長年商売をしている業者なら、まず信頼していいでしょう。
高校生の時プレイボーイだった私の友人が、あまりにも不憫だったのでエフペシアと海外医薬品販売サイトを教えてあげました。
彼は最初、海外医薬品について懐疑的で、信用できなかったようです。
しかし、ネットで自分なりに情報を集め、真実を知った上で購入した時、彼の中で何かが変わりました。
半年も飲み続けた結果、彼は見事、高校時代のふさふさ頭を取り戻したのです。
これは、彼が一途に望みある生活を祈って、薬を愚直に飲み続けたためでしょう。
彼の場合は副作用として肝機能障害が少し出ましたが、すぐにおさまったので一時的なもので終わりました。
今では恋人もでき、見違えるように明るくなったので、友人としてほっと一息ついています。
男性は頭髪についてはかなりデリケートなので、同じような悩みを持つ人には、この薬を勧めたいものです。
よくよく調べてみたら、シプラ社が出しているプロペシアのジェネリック薬はエフペシアとフィンペシアがありました。
フィンペシアはもうワンランク安いのですが、かつてキノリンイエローなる着色料が含まれていた時期もあり、人気度はいまいちです。
ただ、今は製造技術も高まり、おかしなものは配合しなくなったので、どちらを使っても同様の発毛効果は得られるでしょう。
自分の頭の状態を見極めた上で、賢く発毛ケアを行っていくのが、今の時代における正しい頭髪の維持方法です。

Comments are closed.