日本国内のフィナステリド事情とエフペシア

AGA(男性型脱毛症)を治療に効果的とされているのがフィナステリドという成分です。
これはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する働きがあるため、根本治療として確かな効果があります。
しかし、フィナステリドの医薬品を日本で購入しようとすると医師の処方箋が必要となり、診察料や調剤料などを加えると月々1万円前後と決して小さな負担ではありません。
もちろん、これは健康保険適応外とされているため、診察料なども含めて全額自己負担となってしまいます。
そこでオススメしたいのがエフペシアというAGA治療薬です。

fpecia103この治療薬にも当然のことながらフィナステリドが配合されています。
では、なぜオススメかと言うと、日本で販売されていないからです。
そのため、これを購入するときには医師の処方箋を必要としません。
どこで入手するかというと海外からの輸入です。
個人輸入サイトがあり、そこから購入する場合は購入者自身が使用する分でも違法性はありません。

実際に多くの人々が個人輸入サイトを利用して医薬品を入手しています。
海外から購入するため、診察料や調剤料などを必要としないわけです。
さらに、海外商品であるため日本の消費税の対象外となっています。
そして、コストを少なくできるのはそれだけではありません。
エフペシアは国内で販売されているAGA治療薬の価格と比べても10分の1の値段で入手することができるからです。
なぜ値段が安いかと言うと製造販売されている国はインドであることです。
インドでは物価や人件費が安いため、製造コストを抑制することができます。

そして、インドでは特許制度が世界各国とは違うのです。
製造方法に特許は認められていますが、成分には特許が認められていません。
つまり、同じ成分でも特許とは違う製造方法で製造されたものは特許侵害ではないのです。
エフペシアもその一つです。

製造に関わる研究開発費はあるものの成分の研究開発費はほとんど価格に反映されていません。

医薬品が高価なのはその成分の研究開発に膨大な費用がかかるためであり、それがほとんど含まれていないため非常に安価で販売することができるわけです。
このように、個人輸入で入手することになるエフペシアは診療料・調剤料・消費税・成分の研究開発費、これら全てがかからないため健康保険適応外で全額自己負担であっても非常に安価なフィナステリドの医薬品です。
もちろん、日本国内で販売されているフィナステリドの医薬品とは製造方法が違うだけでその効果にはほとんど遜色はありません。
もしも、日本国内でフィナステリドの医薬品が高いと感じてしまったら、このエフペシアに切り替えることをオススメします。
フィナステリドは毎日服用することでAGA治療の効果を発揮するものです。
数年単位でお世話になることになるため、長い目で見ればトータルで見ると大きな差となるため少しでも安いほうが負担がありません。

Comments are closed.