治療薬を乗り換えた

以前は違う育毛治療薬を利用していたのですが、正直費用がかなり掛かってしまい、もう育毛はやめにしようかなと悩んでしまうほどでした。
ストレスは薄毛に良くないというのに、治療のために利用していたはずがその薬のことで悩んでしまい髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうなんて、本末転倒です。
何かもっと良い方法がないかとネットで探してみたところ、それまで活用していた治療薬の10分の1の費用で購入できる、エフペシアという商品を見つけました。
エフペシアはそれまで使用していた商品のジェネリック医薬品で、配合されている成分は同じです。
ちなみに配合されている成分はフィナステリドとなっています。

男性ホルモンの分泌を抑えてくれる優れものなのですが、同じ成分を配合しているのになぜこんなにも安いのか、ジェネリック医薬品についてその時まだよくわかっていなかった私は思いました。
ジェネリック医薬品という言葉は耳にした経験があっても、よく意味は分からない、という方は結構多いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は後からつくられた治療薬のことです。
すでに発売されている治療薬を参考に作ることができるため、開発にお金がかかりません。
そのため費用はとても安く収まります。

そして他のメーカーが作るから名前も違う、ということになります。
ジェネリック医薬品について学び、私はジェネリック医薬品でも全然かまわないという印象を受けました。
なのでエフペシアに治療薬を乗り換え、現在も利用しています。
育毛を開始してからすでに半年がたちますが、結構状態が良くなってきており、海外の育毛治療薬には効果があるということを実感しました。
もちろんエフペシアにかえてからも、順調に育毛は進んでいます。
使用感の違いは感じられません。
同じなので、変えてみてよかったです。

体内からしっかりと治療を行うことで、育毛はより確実に効果が出てくるでしょう。
外からの育毛、例えば育毛シャンプーやぬるタイプの育毛剤を使用するのもよいですが、それだけで何とかしようと思っても、難しいかもしれません。
私は現在育毛シャンプーも利用していますが、最初の頃は育毛シャンプーだけを利用しており、その時は効果を感じられませんでした。
それが今ではエフペシアの効果とうまくサポートしてくれているので、とても助かっています。
この治療薬を利用している人の中には、他の治療薬を併用している人もいました。
皆さんも自分の頭皮や薄毛の状態、体調に合わせて治療薬を活用していった方が良いのではないでしょうか。

私はこれからもこの対策方法を続けて行くつもりです。
やっと自分にあった育毛方法を見つけられたので、これからもこの調子で頑張っていきます。
私はジェネリック医薬品という救世主のおかげで、治療を続けることができました。
最初の方は治療薬を飲んでも変化を感じないことが多いですが、諦めずに利用を続けてください。
辞めてしまってはもったいないです。

Comments are closed.