エフペシアの通販~私の体験談~

私は30歳を過ぎたころから、髪の毛が減り始めてきました。
最初は生え際あたりの毛が薄くなり始めて、次第に後頭部の髪の毛も減り始めてきたのです。
このまま薄毛が進行していったら、数年のうちに剥げてしまうのではないかと、日々不安に襲われるようになりました。
そこで、思い切って育毛薬を使ってみることにしました。
私が最初に注目したお薬は、飲むだけで髪の毛が生えてくるというプロペシアです。
メルク社が製造・販売している育毛薬で、その利用者は世界中にたくさんいるとのことだったので、自分も使ってみたいと思ったのです。
実際にプロペシアを使った方のレビューをインターネットで読んでみると、3か月くらいで髪の毛が生えてきたという体験談も記載されていたので、期待して使ってみました。
ただ、お値段が高い割には、私が望むような育毛効果が得られなかったのです。
半年くらいは使った方が良いとのことだったのですが、お薬があまりにも高額で経済的に厳しかったので断念してしまいました。

次に、私が注目した育毛薬はエフペシアです。
この薬は、プロペシアと同じ有効成分のフィナステリド(Finasteride)が配合されているジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社であるCipla社が製造している育毛薬です。
ジェネリック医薬品であることが多少気になりましたが、プロペシアと比較するとお値段が格安だったので使ってみようと思ったのです。

私は、この薬を個人輸入代行業者を通して取り寄せてみました。
その時にかかった費用は、一箱分で約1800円くらいでしたね。
ちなみに、プロペシアを買った時には一箱で8000円くらいかかりましたから、とてもお買い得な値段だと感じました。
エフペシアの使用量は1日1回と定められていたので、私は毎日欠かさず飲むようにしました。
このエフペシアを飲み始めて、最初の一か月くらいは特に変化を感じませんでした。
三か月くらい経った頃に、髪の毛を触ってみたところ、しっかりとしたコシが出ているのに気がつきました。
安いお薬だったので半年ほど頑張って使ってみたところ、髪の毛の量が増えてきたのです。
薄くなっていた生え際の毛の量が徐々に増えてきて、さみしかった印象が薄れていきました。
最初はこの薬も効果が出ないのではないかと諦めそうになったのですが、粘って続けてみたところ良い結果を得ることが出来ました。

このエフペシアのおかげで、私は20代の頃のようなフサフサの髪の毛を取り戻すことができたのです。
エフペシアは、お値段が安いので続けやすいのが魅力だと思います。
また、フィンペシアについても同様です。参考:フィンペシアの効果

私の場合には副作用も起こりませんでしたので、とても使いやすい育毛薬だと思いました。
それに、キノリンイエローフリーなので、安全性が高いことも魅力だと思います。
ただ、中には肝機能障害や食欲不振などの副作用が起こる方もいるみたいなので、使用する際には医師と相談したほうがよいかもしれません。

日本国内のフィナステリド事情とエフペシア

AGA(男性型脱毛症)を治療に効果的とされているのがフィナステリドという成分です。
これはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する働きがあるため、根本治療として確かな効果があります。
しかし、フィナステリドの医薬品を日本で購入しようとすると医師の処方箋が必要となり、診察料や調剤料などを加えると月々1万円前後と決して小さな負担ではありません。
もちろん、これは健康保険適応外とされているため、診察料なども含めて全額自己負担となってしまいます。
そこでオススメしたいのがエフペシアというAGA治療薬です。

fpecia103この治療薬にも当然のことながらフィナステリドが配合されています。
では、なぜオススメかと言うと、日本で販売されていないからです。
そのため、これを購入するときには医師の処方箋を必要としません。
どこで入手するかというと海外からの輸入です。
個人輸入サイトがあり、そこから購入する場合は購入者自身が使用する分でも違法性はありません。

実際に多くの人々が個人輸入サイトを利用して医薬品を入手しています。
海外から購入するため、診察料や調剤料などを必要としないわけです。
さらに、海外商品であるため日本の消費税の対象外となっています。
そして、コストを少なくできるのはそれだけではありません。
エフペシアは国内で販売されているAGA治療薬の価格と比べても10分の1の値段で入手することができるからです。
なぜ値段が安いかと言うと製造販売されている国はインドであることです。
インドでは物価や人件費が安いため、製造コストを抑制することができます。

そして、インドでは特許制度が世界各国とは違うのです。
製造方法に特許は認められていますが、成分には特許が認められていません。
つまり、同じ成分でも特許とは違う製造方法で製造されたものは特許侵害ではないのです。
エフペシアもその一つです。

製造に関わる研究開発費はあるものの成分の研究開発費はほとんど価格に反映されていません。

医薬品が高価なのはその成分の研究開発に膨大な費用がかかるためであり、それがほとんど含まれていないため非常に安価で販売することができるわけです。
このように、個人輸入で入手することになるエフペシアは診療料・調剤料・消費税・成分の研究開発費、これら全てがかからないため健康保険適応外で全額自己負担であっても非常に安価なフィナステリドの医薬品です。
もちろん、日本国内で販売されているフィナステリドの医薬品とは製造方法が違うだけでその効果にはほとんど遜色はありません。
もしも、日本国内でフィナステリドの医薬品が高いと感じてしまったら、このエフペシアに切り替えることをオススメします。
フィナステリドは毎日服用することでAGA治療の効果を発揮するものです。
数年単位でお世話になることになるため、長い目で見ればトータルで見ると大きな差となるため少しでも安いほうが負担がありません。

日本の薄毛率とフィナステリド

日本の男性の薄毛率はアジアの中でトップとなっています。
それだけ聞くと日本の男性は仕事熱心だから、ストレスが原因となっているのだろうと思われがちです。
しかし、世界で見れば日本は10位にも入っていません。

実は、男性の薄毛の原因はストレスではないものが主因とされているのです。
それは男性ホルモンです。
特にジヒドロテストステロン(DHT)が大きな原因となっていると知られています。
それが毛根に作用することによって薄毛となってしまうのです。
そのDHTの生成を抑制してくれる医薬品の一つがエフペシアです。

そのエフペシアの有効成分であるフィナステリドが5-α還元酵素の働きを阻害します。
この5-α還元酵素こそがDHTの生成に必要とされるものの一つであるため、服用することによってDHTの血中濃度を減らすことができるようになります。
その説明を聞いて誤解してしまう人が少なくありません。
その誤解とは、DHTという男性ホルモンが減少することで男性器の機能や精力の低下などが起こるのではないかというものです。
その誤解から薄毛で悩んでいるけどエフペシアの服用を控えているという男性は少なくありません。
しかし、それは全くの誤解なのです。
というのも、確かにDHTは男性器に作用する男性ホルモンであるため、そう思われても仕方がありません。

ただ男性器を成熟させるためのホルモンであり、成熟した成人男性にとってはほとんど必要としません。
どちらかというと薄毛の原因となったりするため、邪魔者扱いされている男性ホルモンなのです。
そのため、多くの人々が誤解されているような男性器の機能や精力の低下するということはほとんどありえないのです。

実際に、服用できない対象者として未成年の男性のみであり、成人男性は含まれていません。
もしも、男性の機能が成熟していない未成年者が服用すると性機能に異常が起こると言われています。
それは妊婦が服用するのも禁止されています。

もしも胎児が男の子の場合、何かしらの影響を与える可能性があるからです。
といっても、そもそも女性全般もDHTとは無関係であるため、使用を認められていません。
つまり、男性器の成熟した男性だからこそ使用できるわけであり、その場合では性機能に何かしらの影響を与えることを心配する必要はありません。
男性の薄毛の原因となるものはストレスや紫外線や食生活など様々の要因があります。
薄毛に悩んでいる男性はそれらを改善することも確かに大切です。

しかし、最大の原因でもある男性ホルモンをそのままにしていては、薄毛は一向に改善することはないでしょう。
だからこそ、根本的な改善を見込められるエフペシアは男性にとって心強い味方となることは間違いありません。
この医薬品を利用する男性が増加すれば、日本の男性薄毛率だけでなく世界各国の薄毛率は軒並み低下してしまって、その統計する意味すら失われる可能性も将来出てくるものだと思っています。

面倒もなく使える

以前はぬるタイプの育毛剤を使用していました。
毎日お風呂上がりに育毛剤を塗り、マッサージを行うというのが日課でしたが、正直段々と面倒になっていきます。
経験がある方はわかると思いますが、ただ塗るだけよりもマッサージを行い血行を良くしながら浸透させた方が、育毛剤の成分をしっかりと浸透させることができるため効果をより感じることができます。

ですがそのマッサージが面倒になっていくのです。
このままでは育毛自体やらなくなってしまうかもしれない、と思った私は飲むタイプの育毛剤に切り替えることにしました。
飲むだけなら面倒ではありません。
飲むタイプの育毛剤といっても、種類が豊富でどれが良いのか迷ってしまいます。

しかし1つ1つの治療薬の違い、そして口コミなどを参考にしてみると、自分にはエフペシアというジェネリック医薬品が一番合っていることに気が付きました。
さっそく個人輸入を代行している業者にエフペシアをまとめて注文したところ、割引され2000円ほどさらに値引きされた値段で購入することができたのです。
2000円って結構大きな数字ではないでしょうか。

偽物を送り付ける業者もあるということですが、安全な業者を探して注文したので、毎日服用を開始したところ副作用も感じず、しっかりと効果が得られる正規品を購入することができました。
やっぱりこの手の商品を利用してみる時になるのが、副作用だったりします。
副作用には個人差があり、その人の体質によっても程度が変わってきますが、エフペシアは比較的副作用を感じづらい商品なのではないでしょうか。
いろいろと口コミもチェックさせていただきましたが、副作用で困ったという方は、私は見つけられませんでした。
飲むタイミングですが、あまり時間にこだわって飲んではいません。

最初は気が付いたときに飲んでいましたが、途中からは夕方に飲むようにしていました。
時間を決めた方が習慣化して飲み忘れを防げるかもしれません。
エフペシアを飲み続けてもう1年になりますが、今では地肌が見えていた頭皮も毛が生えてきています。
地肌はあまり見えません。
ですがまだ治療は続けていくつもりです。

ここでやめてしまってはせっかく得た効果を失ってしまうかもしれませんので、しばらくはまだ続けていこうと思います。
髪の毛の状態が安定するまで、今まで通り生活習慣にも気を付けながら育毛に力を入れて行きたいです。
とはいってもあまり力を入れすぎてしまうと、育毛自体が精神的な負担となってしまうかもしれませんので、肩の力を抜いて気長に頑張っていく、というスタンスでやっていこうと思います。
エフペシアは世界的にも有名な育毛剤ですから、たくさんの購入者体験談を確認することができるでしょう。
気になった方は使用感や効果などを調べてみて、自分に合っているのか、続けやすいのか判断してみてはどうでしょうか。
似たような名前の薬があるので、間違えないようにしてください。

治療薬を乗り換えた

以前は違う育毛治療薬を利用していたのですが、正直費用がかなり掛かってしまい、もう育毛はやめにしようかなと悩んでしまうほどでした。
ストレスは薄毛に良くないというのに、治療のために利用していたはずがその薬のことで悩んでしまい髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうなんて、本末転倒です。
何かもっと良い方法がないかとネットで探してみたところ、それまで活用していた治療薬の10分の1の費用で購入できる、エフペシアという商品を見つけました。
エフペシアはそれまで使用していた商品のジェネリック医薬品で、配合されている成分は同じです。
ちなみに配合されている成分はフィナステリドとなっています。

男性ホルモンの分泌を抑えてくれる優れものなのですが、同じ成分を配合しているのになぜこんなにも安いのか、ジェネリック医薬品についてその時まだよくわかっていなかった私は思いました。
ジェネリック医薬品という言葉は耳にした経験があっても、よく意味は分からない、という方は結構多いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は後からつくられた治療薬のことです。
すでに発売されている治療薬を参考に作ることができるため、開発にお金がかかりません。
そのため費用はとても安く収まります。

そして他のメーカーが作るから名前も違う、ということになります。
ジェネリック医薬品について学び、私はジェネリック医薬品でも全然かまわないという印象を受けました。
なのでエフペシアに治療薬を乗り換え、現在も利用しています。
育毛を開始してからすでに半年がたちますが、結構状態が良くなってきており、海外の育毛治療薬には効果があるということを実感しました。
もちろんエフペシアにかえてからも、順調に育毛は進んでいます。
使用感の違いは感じられません。
同じなので、変えてみてよかったです。

体内からしっかりと治療を行うことで、育毛はより確実に効果が出てくるでしょう。
外からの育毛、例えば育毛シャンプーやぬるタイプの育毛剤を使用するのもよいですが、それだけで何とかしようと思っても、難しいかもしれません。
私は現在育毛シャンプーも利用していますが、最初の頃は育毛シャンプーだけを利用しており、その時は効果を感じられませんでした。
それが今ではエフペシアの効果とうまくサポートしてくれているので、とても助かっています。
この治療薬を利用している人の中には、他の治療薬を併用している人もいました。
皆さんも自分の頭皮や薄毛の状態、体調に合わせて治療薬を活用していった方が良いのではないでしょうか。

私はこれからもこの対策方法を続けて行くつもりです。
やっと自分にあった育毛方法を見つけられたので、これからもこの調子で頑張っていきます。
私はジェネリック医薬品という救世主のおかげで、治療を続けることができました。
最初の方は治療薬を飲んでも変化を感じないことが多いですが、諦めずに利用を続けてください。
辞めてしまってはもったいないです。

ジェネリック医薬品のエフペシアは続けやすい

見た目でも髪の毛があるかないかだけで印象が変わってきますので、特に年齢も若いのにも関わらず髪の毛が薄くなってくると気になってきてしまうのではないでしょうか?髪の毛が今後どこまで薄くなっていくのかも不安になってしまいますし、どうにかしたいという気持ちでいっぱいになってしまいますよね。
そのような時にはAGA治療薬を利用して、改善を行っていく方法があります。
プロペシアは広告でも行っているので知っている方は多いと思いますが、保険などを使う事ができないので料金が高いという点があります。
そこで料金も安く毎日続けたいという方にオススメなのが、エフペシアというAGA治療薬になります。

こちらの医薬品はジェネリック医薬品になるので、普通にプロペシアを購入するよりも安い価格で購入をする事ができるのです。
そして、実はエフペシアの他にもAGA治療薬のジェネリック医薬品があるのですが、例えばフィンペシアなどはキノリンイエローと呼ばれる着色料が使用されていて、日本では食品に添加する事を禁じている成分を使用しているという点がありました。

海外では成分として扱われていても、日本で禁止されている成分を服用するのは少し心配になってしまう方もいるでしょう。
そういった方もそのような添加物などを使用していなくて、プロペシアと同じような効果を期待できる医薬品になりますので、エフペシアは安心して利用する事ができます。
早速ほしいと思った方はどこで購入するか迷うと思いますが、安心してすぐに注文ができるところは海外医薬品の輸入代行を行っているサイトです。

特に商品が正規品であるサイトでは、保証も行っていますし中にはその証拠の紙なども確認させてくれるようなところもあります。
そして自分で輸入するとなると大変な手続きの一切を行ってくれますので、不便を感じる事なくすぐに注文をする事ができます。

サイトを見て見ると分かりますが、ほしい医薬品を選ぶ時にも普通のネットショッピングのように行う事ができて、特に処方箋が必要だというところはほとんどないので事前に病院に行く手間もありません。

そして、もし医薬品の事で聞きたい事がある場合にも、しっかりと薬剤師がいてその方の質問に丁寧に答えてくれる体制があります。
エフペシアを購入する時にも不安な点が合った時にはメールなどでも質問を行う事ができますし、購入も1箱からでも送料が無料でお得に購入ができるサイトもあります。
価格もジェネリック医薬品になるので安く、利用をしてみて使い心地が良かった時には次回の購入でいつもよりも箱数を増やしまとめて購入を行う事も可能です。

その場合には1箱で購入をするよりもまとめ買いで安くしてくれている場合もあり、1箱あたりの価格を安くして購入を行う事ができるでしょう。
特にAGA治療薬は続ける事で意味がありますので、金銭面に余裕がない方でもエフペシアであればなんとか続けられる方もいると思います。
まずは半年続けて服用してみましょう。

エフペシアの真価が見える時は

30代に入って、急に老けた男性が身の回りにいませんか。
私の場合、上司がかなり薄毛に悩んでいるようで、しょっちゅうどの育毛シャンプーが効くとか、どこそこの育毛剤がいいとか同僚に聞いているのを知り、AGAなのだなと感じ取っていました。
彼の場合はまだ目立ちませんが、確実にAGAで、これから急激に抜けていくパターンでしょう。
もちろんその対策はしっかりと存在し、世の中にはAGA治療薬なるものが存在します。
その代表はプロペシアといい、アメリカの会社が作り上げた男性型脱毛症の薬です。
これは、もともと前立腺肥大などの治療に開発されていましたが、発毛効果が大きいとわかってからは、飲む発毛剤として注目され、完成にいたりました。
今では世界中の薄毛に悩む男性にとって、救世主のように扱われています。
この薬のおかげで私の友人も薄毛を克服することができましたから、効果は確実に出ると見ていいでしょう。
海外医薬品の販売サイトでは、AGA治療薬の項目があり、そこにはプロペシアのジェネリック薬がずらりとならんでいます。
エフペシアもその一つで、インドの製薬会社が作り上げたジェネリック薬です。
この薬は主成分がフィナステリドで、副作用として肝機能障害が出るなど、プロペシアそのままの性能のよさを誇っています。
インドの製薬技術の高さは世界レベルであり、喘息薬からED治療薬まで、幅広い医薬品のジェネリック薬が作られているのです。
プロペシアは日本で購入するとわかりますが、とても値段が高く設定されています。
それに比べ、インド発のジェネリック薬の場合は、かなり安く買うことが可能です。
これは、エフペシアをはじめとするインドのジェネリック薬が、インドの特殊事情によって作られているからに相違ありません。
インドでは特許に対しての概念が特殊であり、ジェネリック薬にはオリジナル品のメーカーに払う特許料が入らないのです。
そのため、もともとの価格設定がかなり低い状態で販売され、発展途上国の医薬品事情を良くする働きも担っています。
AGA治療薬は半年以上の長きにわたって使い続けることが基本です。
そのため、最終的に購入する額はかなり高くなると予測できます。
それをおさえるためには、エフペシアなど格安のジェネリック薬を購入し続け、総合的な金額を低くする必要があるわけです。
これは、どんな医薬品を買う時にもあてはまることであり、この薬の効能とは別に見えてくる真価とも呼べます。
私の友人は、プロペシアを最初使っていましたが、経済的な事情からエフペシアを使い始めました。
信頼できるサイトから買ったので、かなり長い間使っていたにも関わらず、まがいものをつかむことはなかったようです。
また、送料無料サービスや、時折あるサイトでのタイムセールなども利用し、かなり安くこの薬が購入できたとも言っていました。
現在はこの薬を扱う個人輸入代行業者は数多く存在するので、どれがいいかを選択する幅が広がったのです。

エフペシアの適量とは

薬は病気を治療する目的で投与されるのが普通です。
人間の体には薬を受け入れる許容量が決まっており、それ以上はいくら同じ薬を投与しても効き目が強くなるどころか、気分が悪くなったり、他の部分に影響が出てしまうでしょう。
AGA治療薬は男性型脱毛症に対して効果があり、ホルモンに直接働きかけるので、今まで塗り薬で治らなかった薄毛が克服できます。
きちんとクリニックで診断を受け、AGAだとわかったら、速やかにこの薬を飲んで、治療を続けましょう。
代表的なものにプロペシアがあり、これは日本でも認可されているので、クリニックで処方してもらうことができます。
ただ、この薬はかなり値段も高く、半年程度は治療を続けなくてはいけないAGAの場合、かなり負担になるのです。
それを克服できるのがジェネリック薬エフペシアで、この薬はインドのシプラ社が作りました。
一日一回適量を飲むのがAGA治療薬の基本です。
この適量は説明書に書いてあるので、よく読んで、飲みすぎ、飲まなさすぎに気をつけましょう。
エフペシアは発毛を阻害するホルモンの働きを抑制するフィナステリドが主成分です。
副作用としては、性欲減退、インポテンツなどホルモンバランスに関係するものが多く出ます。
また、肝機能障害なども出るので、肝臓を患っている人は特に注意が必要です。
プロペシアとの最大の違いは値段で、一錠30円程度から販売しているケースも見られます。
これは決して大バーゲンとか質が悪いからではなく、もともとの値段が安いのです。
インドのジェネリック薬は、特許関連の法律が特殊な環境下で作られているので、値段はオリジナルの20分の1以下になります。
これは、ユーザー側からすると大変うれしいことです。
父の友人が若くして薄毛に悩み、いろいろな育毛剤やマッサージなどを試しました。
しかし、どれもかんばしくなく、ますます薄毛は進行するばかりだったので、ネットでいろいろと調べ、エフペシアに行き着いたのです。
最初は価格の安さもあって信用できなかったらしいですが、3ヶ月も飲み続けていたら、目に見えて髪の毛がくろぐろとしてきました。
彼はそこからさらに3ヶ月がんばり、今ではふさふさとした黒髪を周囲に誇っています。
頭髪が充実したことで、彼の人生は180度変わりました。
すっかり職場でも人気者になり、若い女の子にももてているようです。
彼は性格的にはそんなに暗い人ではなかったですが、やはり薄毛の時は沈んでいました。
それが改善されたので、水を得た魚のようになったわけです。
劇的に人生を改変させるAGA治療薬は、それまで治らないと思われていた男性型脱毛症を確実に治療してくれます。
エフペシアはインド発のジェネリック薬ですので、日本では認可されていません。
このため、海外医薬品の販売サイトで個人輸入する必要がありますが、いい業者を見つければ確実に正規品が手に入るので、恐れる必要はまったくないでしょう。

エフペシア はキノリンイエローフリーの育毛薬

男性は女性よりも、髪の毛が薄くなりやすい傾向にあります。
特に、日本人男性は海外の男性と比較すると、薄毛になりやすいとも言われています。
薄毛になってしまうのは、遺伝的な要素も強いのです。
また、年齢を重ねて身体が老化すると、髪の毛や頭皮も衰えていきますから、抜け毛も増えやすい状態になっていきます。

遺伝や老化による薄毛は、自分ではどうにもならないこともありますよね。
だから、禿げてしまうのは仕方がないとあきらめてしまうからも多いようです。
現代では、適切な治療することによって、薄毛を改善できるようになっているのです。
効果の高い育毛剤や育毛薬がいろいろと販売されており、それらを使って対策をすることによって髪の毛を増やすことも可能なのです。
ですから、遺伝や老化のせいにして、あきらめてしまうことはありませんよ。
効果の高いお薬として、注目されているのがプロペシアという育毛薬です。

この育毛薬は、アメリカのメルク社という製薬会社が製造しています。
プロペシアには、男性型脱毛症に良い効果を発揮してくれる有効成分のフィナステリドが配合されています。
フィナステリドは、男性型脱毛症の原因となってしまうジヒドロテストステロンの働きを抑制してくれて、コシのある髪の毛が生えやすい状態にしてくれる効果があります。
その育毛効果はとても高いことから、世界60カ国以上で使用されているお薬となっています。
ただし、このプロペシアは値段が高いのが難点なのです。

一箱あたりに換算すると、8,000円から10,000円近いお値段となってしまうので、気軽に買える値段とは言えないでしょう。
そこで、近年に人気となってきているのがエフペシアです。
エフペシアは、インドの製薬会社であるCipla社が製造して販売を行っている育毛薬です。
このお薬は、プロペシアと同じ有効成分を使って作られているジェネリック医薬品です。

人件費や開発費などのコストが安いインドで製造されているお薬であるため、価格もプロペシアと比較すると大幅に安くなっています。
日本から個人輸入で取り寄せる場合でも、一箱あたりわずか2,000円ほどなのです。
プロペシアと比べると、購入しやすいお値段となっているのが魅力です。

実際に、値段の安さに惹かれてこのエフペシアを利用される方が増えてきているようです。
ジェネリック医薬品であっても、配合されている成分や製造方法ほとんど同じなので、プロペシアと同等の育毛効果を期待することができます。
それに、エフペシアにはキノリンイエローフリーとなっているので、プロペシアよりも安全性が高いと考えて、購入される方もいるようです。
このキノリンイエローはがんなどの原因となることもある成分です。
プロペシアに含まれているのは微量なので心配しなくても大丈夫だと思います。

どうしても成分のことが気になるという方は、エフペシアを選んだ方が安心して使えるかもしれませんね。

エフペシアで望みあるふさふさ生活を

恋愛も勉強も仕事も、生き甲斐あっての話です。
私の友人はロマンチストで、女性にも人気がある好男子で、高校生くらいまではかなりもてました。
しかし、大学生になったあたりからかなり頭髪がさびしくなってきて、本人もそれを気にするあまり面白いキャラクター性がどんどんなくなって、性格まで暗くなったのです。
頭髪が薄いだけでこれほど人格が変わってしまうのはなぜでしょう。
それは、男性の場合頭髪が薄いイコールオヤジという図式ができあがっており、年齢を重ねていなくとも老けて見えてしまうからです。
それがストレス性の脱毛症なら、まだ救いがありますが、ホルモンが原因の男性型脱毛症の場合は、塗り薬だけでは改善しません。
そこでエフペシアをはじめとする飲むタイプのAGA治療薬が登場します。
この薬は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたプロペシアのジェネリック薬です。
製造したのはインドのシプラ社であり、エフペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリドなので、効果も副作用もまったく同じになります。
ただ、インドの医薬品特許事情は特殊なので、この薬の価格はプロペシアに比べるとかなり安いです。
海外医薬品の販売サイトでこの薬を個人輸入したら、日本で売られているプロペシアの価格がすごく高く感じるでしょう。
もちろん、安ければ安いだけのリスクはあります。
販売する個人輸入代行業者によって、正規品を扱う確率は大きく違うのです。
ネットで宣伝し、長年商売をしている業者なら、まず信頼していいでしょう。
高校生の時プレイボーイだった私の友人が、あまりにも不憫だったのでエフペシアと海外医薬品販売サイトを教えてあげました。
彼は最初、海外医薬品について懐疑的で、信用できなかったようです。
しかし、ネットで自分なりに情報を集め、真実を知った上で購入した時、彼の中で何かが変わりました。
半年も飲み続けた結果、彼は見事、高校時代のふさふさ頭を取り戻したのです。
これは、彼が一途に望みある生活を祈って、薬を愚直に飲み続けたためでしょう。
彼の場合は副作用として肝機能障害が少し出ましたが、すぐにおさまったので一時的なもので終わりました。
今では恋人もでき、見違えるように明るくなったので、友人としてほっと一息ついています。
男性は頭髪についてはかなりデリケートなので、同じような悩みを持つ人には、この薬を勧めたいものです。
よくよく調べてみたら、シプラ社が出しているプロペシアのジェネリック薬はエフペシアとフィンペシアがありました。
フィンペシアはもうワンランク安いのですが、かつてキノリンイエローなる着色料が含まれていた時期もあり、人気度はいまいちです。
ただ、今は製造技術も高まり、おかしなものは配合しなくなったので、どちらを使っても同様の発毛効果は得られるでしょう。
自分の頭の状態を見極めた上で、賢く発毛ケアを行っていくのが、今の時代における正しい頭髪の維持方法です。